不妊治療 パイプカット後

パイプカット後に再生は本当に可能なのか?

セックスや性交渉を楽しみたいという方の中には、パイプカットを考えている男性も多いことでしょう。

パートナーとも相談し、すでにパイプカットを決断している方もたくさんいるはずです。

もちろんコンドームを装着しなくても子供ができることがなくなるので、ある意味安心して性生活を送ることが簡単にできるようになります。

子供を望まないカップルや夫婦にとっては、メリットも大きい手術だと言えます。

しかし、パイプカット手術は良いことだけというワケには行きません。

それらのデメリットについても考えておくことが必要となります。

また、現在のパートナーが承諾したとしても、そのパートナーと一生一緒にいるかどうかもかなりの重要な課題と永遠の疑問となりますよね。

その場合も十分考えて手術に臨みたいものです。

日本人の離婚率は約3割と言われており、実に3組に1組のカップルや夫婦が別れています。

つまり、パイプカット手術を決断して、セックスや性交渉を楽しんだとしても、その後別れてしまうという方も多いワケです。

当然別れてから再婚する方も多いですが、一度パイプカット手術を受けていると、不妊治療の際の修復はなかなか難しく困難だと言われています。

もちろん修復自体は「不可能である」とは言いません。

しかし、「限りなく難しいことでもある」とは言えるでしょう。

男性はパイプカット後に再婚すると後悔することも

本来は、手術を受ける前に一度よく考えるべきなのですが、その当時のパートナーと一生一緒にいると考える方も多いことから、それによって後々困った状況に陥る男性も少なくないのです。

もちろんパイプカット手術は、妊娠の可能性を限りなくゼロにすることができる手術です。

得られるメリットはとても大きいですし、「子供はいらない」と考えている男性にとっては良いでしょう。

しかし、中には再婚した相手から「子供が欲しい」と言われることもあります。

そうなった場合、当然、不妊治療で壁となってくるのが「修復できるかどうか」という点ですよね。

修復や再生については、手術をしても50%ほどの確率とすら言われることがあります。

近年は技術も発達しているので、もともとパイプと切除することなく、再生できる技術も登場しています。

もちろん、その場合は費用もさらに高くなりますけどね。

どちらの選択を取るかについては、本人が決めなくてはなりません。

一度切除してしまっても、パイプ自体を再生させることは可能です。

通っていた精管を再び繋げることによって、当然本来の生殖機能を取り戻すことができるワケです。

しかし、その一方で長年にわたって精子を必要としてこなかったため、身体も「もう精子は作らなくてよいよね」と思ってしまっているワケです。

そうなると、当然再び精子を作ることができなくなり、精液の中に精子が含まれないという事態に陥ることもあるのです。

再生できないデメリットもパイプカット後にはあります

全ての男性が修復・再生できるとは限らないことを自覚しましょう。

もちろん年々技術は高くなってきているので、修復や再生が簡単なパイプカット技術も登場しています。

不妊治療ではそれらを上手に駆使していきたいところですね。

一度子供の必要性が無いと思っても、再婚や新しいパートナーとの間で作りたくなるということもあります。

基本的にパイプカットは性生活を充実させることができる反面、あまり良くない面もあるかもしれないのです。 その点はじっくりと考えて行動することが必要となってきますね。

もちろん手術してから「また戻して欲しい」「またカットして欲しい」と言うことは、これが原則としてはほとんど不可能ではありません。

しかし、精子が再生するかどうかについては、今一度ここでは考えておかなくてはならないのです。

その点も含めて、医師としっかり相談して決めていくのが良いのではないでしょうか。

カウンセリングとインフォームドコンセントを重視した手術の選択が必要となってきます。

パイプカット後に妊娠したい場合の不妊治療とは

パイプカット手術を検討している男性の中には、当然メリットについて調べている方もいれば、デメリットについて知りたい方もいますよね。

近年パイプカットの手術は短時間でできることもあり、手術を行う男性も多くなっています。

それでいて、コンドームを付ける必要がなくなるなど、確かにパイプカットをするメリットは多いと言えます。

他にも半永久的な効果を得られる点も良いですし、男性ホルモンが低下することもなく、性欲が低下することもないのが特徴となっています。

当然、男性としての機能を低下させることがないので、楽しい性生活を送ることができるようになるワケです。

こうした情報を聞くと、「それなら良いこと尽くしじゃないか」と思う方もいることでしょう。

しかし、もちろん不妊治療やデメリットもあるので、その点について説明します。

パイプカット手術は、一度手術すると子供が作れなくなります。

これは最大のデメリットと言えるかもしれませんね。

例えば、現在パートナーがいたとして、そのパートナーとしっかり話し合うことが必要となります。

「子供が作れなくなるけれど、それで良いのか」という話し合いは、夫婦間で行うのも難しいですし、あまり気が進むものでもないですよね。

だからこそ、良く考えて行うことが必要となるワケです。

パイプカット後の妊娠は体外受精ならできる?

普通のセックスや性交渉では子供が作れなくなるので、今後、家族計画をどのようにしていくかという点も考えておかなければなりません。

すでに「一生子供は作らない」と決めているのなら良いですけれどね。

しかし、本当に一生子供が必要ないのかどうかについて、今一度考えてみて下さい。

例えば、結婚生活が上手くいかなくなり、他のパートナーを探すことになることもあるかもしれません。

その時、新しいパートナーが妊娠を望めば、当然パイプカット手術をしていると不妊治療の話の前に告げなくてはならないです。

そうなると、当然妊娠を望んでいる相手は失望するかもしれません。

その時に、自分の口からパイプカットについて伝えなくてはならないという点も、デメリットの一つと言えるでしょう。

もちろん、それを説明した上で再生手術をする方もいます。

ただし、パイプカットした後の再生手術は、必ずしも成功するということは限りません。

この手の手術に関しては、その他にも不感症になるなどのデメリットが紹介されていることがあります。

不感症については、実際のところ個人差があるので、一概には言えないです。

むしろコンドームを装着してセックス・性交渉をしなくなる分、感度が高くなる場合もあります。

費用やコストよりもパイプカット手術は信頼性を

男性の中には、「パイプカットを考えている」という方も多いかもしれませんね。

実質、パイプカットは誰もが行える手術となっており、意外とパイプカットを体験しているという方も多くなっています。

なお、実際にパイプカット手術に関しては、必要となる条件もありますし、費用も掛かってくるのが通例となっています。

そのため、手術を考えている方は、費用についても考えておくことが必要となってきます。

当然、医療行為であることに変わりはないので、信頼できるクリニックでのパイプカット手術が必要となることを知っておきましょう。

それぞれ住んでいる地域などによって、クリニックの質や内容も異なります。

もちろん、良いクリニックに出会うことができれば、それが最高ですね。

まずは、パイプカット手術の条件について説明します。

基本的に条件とは言ってもそこまで難しいものはないのですが、やはりどうしても必要となってくるのが、パートナーの同意です。

これが条件に含まれていることが多いですね。

パイプカット手術を行うということは、当然子供を作ることができなくなるということです。

精管を切除もしくは塞ぐことによって行うものなので、原則として妊娠を望むことができなくなります。

そのため、パートナーがいる方は、当然その本人の同意を得ることも必要となってきます。

その点を今一度、不妊治療も含めて考えておくことが必要となってくるでしょう。

パートナーと良く話し合い、今後数十年の人生の計画も一緒に立てていくことが必要となります。

切る手術と切らない手術のパイプカットのメリットとデメリット

「独身者に条件があるかどうか」については、基本的に独身者の場合は本人のみの承諾で良いです。

ただ、一つ知っておきたいのは、独身者の場合も未来のことをしっかり考えることが必要となるということです。

パイプカット手術は近年、無痛麻酔が登場したことによって、痛みがほとんどない状態で気軽に手術できるようになっています。

だからこそ、独身者の方などは気軽にパイプカットを選択する方もいるのです。

しかし、その場合、万が一新しい恋人ができた時、不妊治療をして子供が欲しくなっても再生できないことが多いです。

近年は精管をいつでもコントロールできるような手術もあるものの、まだまだ技術は未発達の面もあると言えるでしょう。

パートナーの許諾を得て手術する場合も、もしかしたら離婚して新しい人と結婚し、再び子供が欲しくなることもあるかもしれません。

そういう場合のことまで良く考えて手術を行うことが必要となるのではないでしょうか。

なお、痛みに関しては「めちゃくちゃ痛い」と言っている方がいますが、近年は局部麻酔も登場し、比較的安全かつ痛みも少なく手術ができるようになっています。

近年の場合は「切る手術」と「切らない手術」というのが登場していて、比較的人気となっているのは、切る必要のない手術の方ですね。

痛みに関しては、当然切る手術の方が多くなっています。

どちらを選択するのかによって費用も変わってくるので、その点はじっくり考えて検討してみましょう。

病院やクリニックによってパイプカット手術の費用は異なる

費用に関しては、担当してくれる医院やクリニックによって変わってきます。

全体の平均を見てみると、15万円から18万円前後が一般的だと言われています。

手術に関しては、「もっと安くする方法はないのかな」と思っている方もいるでしょうが、それぞれ手術してくれるところによっても変わってくるので、自分が住んでいる場所のことも考えて調べておくと良いかもしれません。

費用に関しては、そこまで高いものではなくなっているので、比較的簡単に手術に踏み込める方も多いのではないでしょうか。

もちろん、一番のネックとなっているのが痛みに関してだと考えられますが、痛みに関しては少ないので安心してください。

手術の内容によっては「慢性的に痛みが続くことがあると聞いたことがある」という方もいるかもしれませんね。

慢性的な痛みに関しては、切る手術の方に多く見られる傾向となっています。

当然、人間の本来の生殖機能を手術によって軽減するわけですから、当然痛みを伴うこともあるかもしれません。

もちろん、手術自体が痛いということは少ないでしょうが、術後に慢性的な痛みが出る可能性があるということは、理解しておいた方が良いかもしれませんね。

もちろん、術後の痛みに関しては少なくなるように、近年、不妊治療を含めて研究も進められています。

切る必要のないパイプカット手術の場合だと、慢性的な痛みも少ないのが特徴となっています。

切らないパイプカット手術の費用と仕組み

また、近年注目されている切らない手術は、術後の回復が早いというのも特徴となっています。

パイプカット手術をする男性は、単純に妊娠を回避しつつ性交渉やセックスを楽しみたいという方が多いので、術後にそれらの行為を再開したい方も多いです。

切る手術の場合は痛みも伴うことがあり、なかなか本来の性交渉やセックスを楽しむことができない状況もあります。

その一方で、最近の手術の場合は痛みも少ないので、回復自体が早く、すぐに性生活を取り戻すこともできるのです。

それらの手術が評価されていると言って良いでしょうね。

気になる人は、まずは医院やクリニックに相談してみて、手術の計画を立てて行くことが大切となります。

もちろん相談は細かくしておくことが必要ですよ。

相談内容に関しては、医師とのインフォームドコンセントを重視しましょう。

患者が「これはどうなのかな」という疑問に対し、医師がしっかりと応えてくれるクリニック選びが必要となります。

痛みに関してはとにかく敏感な方も多いので、特に聞きたいことも山ほどあることでしょう。

「痛みはどのような感じなのでしょうか」と聞くのも良いですし、「術後完全に痛みが消えるまでにはどれくらいかかるでしょうか」と聞いておくのも不妊治療も踏まえたうえで安心です。

また、それらの質問に対して、しっかりと答えてくれる病院やクリニックは信用できます。

手術をする時は、しっかりと説明された上で同意して行っていきましょう。

それが手術を受ける人の権利です。

保険はパイプカット手術は適用はされない?

ここまでパイプカット手術は「痛くない」と説明してきたものの、それは近年になってからの話で、昔は「めちゃくちゃ痛い」というのも普通でした。

中には、医師に痛いことを伝えても「我慢しろ」と言われる人もいたと言われています。

近年は局所麻酔が発達していることもあり、我慢できないほどの痛みを感じることは少なくなっています。

当然局所麻酔だけでは効果が薄いので、その前段階から色々と処理することが必要となっています。

麻酔自体が痛いということもあるので、前処理の段階で痛みを軽減してくれる医院やクリニックを探すことが必要となるでしょう。

どうしても痛みが怖いという場合は、その旨をしっかり医師に伝えておくことも重要です。

なお、この手の手術の費用に関して「保険は適用されないのかな」と考える方がいますが、保険は基本的に適用できないものと考えておいてください。

基本的に健康保険などは、病気や怪我にしか使えないものなので、パイプカット手術は含まれません。

そのため、費用が20万円前後必要となるということは、頭に入れておくことが必要です。

当然、医院やクリニックによって設定している金額も異なるので、いくつかの医院やクリニックを比べてみるというのも良いでしょう。

上手に使ってみて、最終的に一番納得のできるところで手術を行いましょう。

最初は不妊治療のときのことだけでなくわからないことも多いと思うので、医師とのカウンセリングも重要視してください。

仕組みはどうなってる?本当にパイプカット手術は安全なのか

すでに子供がいる夫婦の中には、「もう子供も作る予定はないし、セックスだけ楽しみたい」という方もいますよね。

もちろん子供がいなくても、「今後子供を作る予定はない」というカップルや夫婦もいます。

そういうカップルや夫婦の中には、パイプカット手術を検討している方も多いでしょう。

パイプカット手術というのは、簡単に言うと精管をカットすることによって、精子を体外に出さないようにする手術のことです。

しかし、この手術については知らないことも多いという方が普通ですし、手術の仕組みなどについても知らない方がいます。

本来は担当する医師から直接聞くべきですが、不妊治療や事前知識ということも踏まえて、こちらでパイプカット手術の仕組みについて紹介します。

まず、男性の生殖機能について知りましょう。

男性には当然男性器が備わっていて、女性とセックスすることによって精子を体外に排出し、女性に受精してもらうことで子供を作ることができます。

当然、精子が作られる場所があり、精子を運ぶ管があり、女性と性交渉するためのペニスがあるワケです。

精子を運ぶ管のことを精管と呼び、パイプカット手術ではこれを切除するのが通例です。

当然精子を運ぶ管がカットされるワケですから、精子が体外に運ばれることはなくなりますよね。

ほぼ100%避妊することが可能というワケです。

パイプカット手術で精子の生産がストップ

子供を作りたくないカップルや夫婦にとっては、一番効果的な避妊方法と言っても良いほどですね。

しかし、そこで一つ疑問になることもあるでしょう。

例えば、「精子が作られる場所はあるのに、パイプカットしただけでは不十分なのでは」という疑問です。

これに関しては、人間の神秘というか生命の神秘とも言える現象が巻き起こるので、心配する必要はありません。

人間の身体はパイプカットされることによって、精子の生産もストップするのです。

当然、新しい精子を作っても体外に排出できないと身体が判断するワケです。

当然、精子を作る機能は低下し、子供ができる心配はなくなります。

もちろん逆に言うと、再び子供が欲しくなったとしてもできない可能性がありますけどね。

その点はパートナーと良く相談して決めていきましょう。

現代のパイプカット手術は、技術力も高くなっているので、再生しやすいものも開発されてきているので、そちらも検討してみてください。

また、本当にパイプカット手術が安全なのかどうかについても悩んでいる方がいるでしょうね。

仕組みや不妊治療についてわかったとしても、安全性についてわからなければ、なかなか一歩を踏み出すことはできません。

パイプカットや再生手術の安全面は?

近年の手術の場合は、安全かどうかで言えば安全です。

当然日本の医療のレベルは高いですし、何より近年は画期的な方法も登場しているので、安全面は大丈夫です。

問題となるのは、パイプカットすることによって、どのようなデメリットが生じるのかということです。

命に関わることなどない手術ですが、新しい命を創り出すことはできなくなります。

メリットがあれば当然デメリットもあるので、その両方の面で考えてみることが必要です。

パイプカットは仕組み自体がとてもシンプルなものなので、特に理解できないということはないでしょう。

その一方で、安全性に関しては近年より一層向上していると言えます。

その上で、メリットとデメリットを考慮し、今後の人生計画しいては家族計画を立てていくことが必要です。

現在のパートナーが良くても、離別や離婚によって新しいパートナーができるかもしれません。

その時、再生手術が不妊治療で必要となることもセットで知っておきましょう。

まずは、手術する医院やクリニックでカウンセリングを受け、自分が納得した状態で手術を受けられるようにしましょう。

パイカット後の不妊治療の費用はかなり高額になる

パイプカット自体が快感を少なくするということは考えにくいです。

ただ、精神的なこともあり、「パイプカットをした」という自覚が不感症にさせてしまうこともあります。

原則としては、セックスや性交渉を楽しむために行う手術とも言えるので、その点に関しては本人によって感想が異なりますね。

もちろんパイプカット手術をした後に、楽しく性生活を送っているカップルはたくさんいます。

不妊治療や後遺症については、特に目立ったものがないとも言えるものの、精子産生機能が低下する可能性もあります。

精子を体外に排出することが無くなるので、当然人間の身体は精子を作る速度を遅くしますよね。

もちろん、セックスや性交渉も少なくなるので、当然精子の量も減って行きます。

後遺症としてはそれらの生殖機能に対するものがありますね。

もちろん、パートナーとこれからずっと一緒に生活すると決めていて、尚且つ子供を作る予定がない方にとってはメリットも大きいです。

その点を踏まえて利用していくことが必要となりますね。

なお、不妊治療だけでなく一つ注意してもらいたいのが性病などの性感染症に対する知識です。

パイプカットを下からといって、コンドームのように性病や性感染症を予防する効果はないので、その点も注意しておきましょう。

ミトコンドリアを活性化!男性の不妊治療サプリのミトコア